リサイクルトナー販売を利用してインクを手に入れる|安さと手軽さ

プリンター

必要な時に低コストで導入

リースとの違いに注意する

印刷

初めてプリンターのレンタルをする人が抱きやすい疑問の1つが、リースは何が違うのかという点です。この違いは実は重要で、経費の計上や税務処理にも影響してくるため注意をしておく必要があります。 まずレンタルでプリンターを借りる場合ですが、この場合は中古品を短期契約として借りる事となり、中途解約が可能という特徴があります。また物品の管理はレンタル会社が請け負うので修理費の負担も必要がありません。一方リースは業者がプリンターを新規に代理購入して、それを顧客が借りる長期契約となります。中途解約はできずに利用時には審査があります。 一般的には長期間プリンターを必要とする場合はリースが、短期間の場合や審査に不安がある場合はレンタルでプリンターを借りるのが良いと言われています。

活用事例を知って活かす

どういった場面でレンタルのプリンターは役立つのでしょうか。実際の活用事例を知って活かす工夫で、より業務や作業の効率を上げ、オフィスコストを下げることに繋げる事ができます。 活用事例の1つとして、期間限定で開設されたオフィスや営業所で用いることです。レンタルプリンターのメリットの1つがイニシャルコストが掛からず、不要となった場合はすぐに返却できることです。このメリットを活かしやすいのが期間限定で開設されるオフィスなどとなります。 別の活用事例として、最新機種を常に使用したいという業務効率を考えたチョイスにおいてもレンタルプリンターは大変有効です。レンタルの場合、一度返却して新しい機種を借りることが容易にできます。このためレンタルプリンターを導入する工夫によって、常に最新機種で最大限の印刷効率を得ることができます。